2021年のモバイルインターネットの流れ

2021年1月は、私が現在契約しているドコモ回線の更新月となります。現状では通話専用のプラン(5分定額)を月額1,200円(税別)で使っているのですが、更新月を過ぎてしまうと相変わらず途中解約すると結構な額の解約料金がかかってしまうので、ドコモのプランの中で変更するか、他社に契約を移行するかの選択を年初から迫られることになりました。

ちなみに、通話のみプラン(2年縛り有)で24時間定額の契約でも、SIMをスマホに差すことができない状況で(スマホに差し替えたらその瞬間に月額は500円アップになってしまいます)、月額2,200円になります。今考えているのは、2021年4月に大手キャリアが始める新プランのahamoなどを待てないので、いったん別のプラン・契約に移行しつつ様子を見ようということです。

通話定額というのは、中にはそんなものは必要ないと思われる方もいるかと思いますが、今後の世の中の流れがわからない中、人と全く会えない状況に追い込まれた場合、頼りになるのは会わなくても直接話すことができる音声通話によるコミュニケーションであるのではないかと思うのです。LINEを使っても友人と通話ができますが、どんな相手にもコミュニケーションを取り、さらに音質が悪いとうまくコミュニケーションが取れないということもあるのでVoLTEが使える通常の音声通話が無制限でできる状態にキープしておきたいという事があります。

今のドコモの新しいプランの中で通話定額をする場合には、データ通信100MBの付いた「ケータイプラン」は定額契約なしの場合月額1,370円で、通話定額オプションを付けると1,700円になるので、合計3,070円(税別)となりますが、日本通信の「合理的かけほプラン」にMNPすると、SIMを差し替えても良くデータを月3MBまで使える通話定額プランが2,480円になりますので、2021年4月までのつなぎとしては十分かな? と思っています。

この2021年4月というのは私が別に契約している楽天モバイルの無料利用が終了し、月額2,980円がかかりだす時期になるので、通話とデータ通信のダブルで見直すという意味では今年の3月にもう一度考えるという先送りの方法になります。

現在、私の使っている楽天モバイルは、いまだに自宅が楽天エリアではなくauの電波しか使えないパートナーエリアなのですが、先日友人宅(静岡市内)にお邪魔した際にスピードテストを行なったところ常に楽天モバイル回線が使えるエリアになっていました。そのスピードは下り15~20Mbps、上りでも10Mbps前後ということで十分固定回線の代替になり得るのですが、その時期がいつになるかが問題です。3月までに楽天回線が自宅から普通に使えるようになれば、今スマホに差している楽天SIMをルーターに差し替えて使い、モバイル用のデータ回線をahamoで通話定額にして月額3,980円でスマホ運用するような方法や、ガラホの通話定額は残しつつ、別にデータ専用SIMでの二台持ちのような方法にすることもできます。

残念ながら楽天モバイル回線が2021年3月末の段階でまだ自宅で使えない(パートナー回線)レベルだったら、ひとまず回線を解約してその後の事はその時の状況を見て考えるしかないかなと思っています。

なお、契約移行の時期については、ほとんど期待はしないものの(^^;)、ドコモ・Softbankに続いてauが今月に新たなahamo対抗プランを発表することになっていますので、その内容を確認した後にしても遅くはないでしょう。個人的にはauがサブブランドであるUQモバイルのスマホプランを戦略的にいじってくれないかなと思っているのですが、果たしてどうなるでしょうか。


カテゴリー: モバイル関連コラム | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

2 thoughts on “2021年のモバイルインターネットの流れ

  1. ケータイオタク

    明けましておめでとうございます。
    >通話専用のプラン(5分定額)を月額1,200円(税別)

    カケホーダイライトプランだと思うのですが、カケホーダイライトプランなら新規契約から2年定期契約満了後、「ずっとドコモ割プラス」が適用され、「更新ありがとうポイント」を獲得できる「ずっとドコモ割コース」と、2年定期契約の解約金がない「フリーコース」が更新期間中なら選択出来ると思います。

    自分自身カケホーダイプランなので定期契約のメリットが少ないので「フリーコース」にしています。

    自分の自宅は楽天エリアのはずなのですが、一時的に楽天回線になるのですがパートナー回線状態が通常です。5月に無料期間が終了するのでその前には解約します。

    ahamoはサブブランドで提供する予定が武田総務大臣の発言で急遽通常のプランとして提供すると発表したようで細かい事は情報が錯綜していますね。

    ポイントクラブの扱いなども不透明な部分も多いし、家族割の対象外と言うのはまだしも家族割の数に入らないと言うのも通常のプランと言うにはおかしい。

    銀行で支店が削減されているように今後はショップの削減は進む事でしょう。複雑怪奇な抱き合わせプランのauと差別化も進むことだとは思います。

    完全子会社化した事でNTTの光どう組みあわされてくるのか楽しみな年になりそうですね。

  2. てら 投稿作成者

    ケータイオタクさん コメントありがとうございました。

    本日のアップ内容にも書いたのですが、通話用プランを日本通信のプランに変更しました。ただ、日本通信はドコモとの通話料金の話し合いがこの後も不調に終わると、日本通信という会社自体が終わる可能性もあります。その辺は今後の流れを見つつ、その次のプランについても考えていきたいと思いますが、日本通信以外に通話が主というガラケーに最適なプランをやっているMVNOがないのが心配ですね。

    ガラホ自体はオワコンであるため、単体でのネット通信には期待していないのですが、今まで通話専用でネット通信をガラホではやってこなかったので、しばらくはガラホと通信専用にしたスマホとの二台持ちをしていこうと思っています。

    今年もどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す