mineoのシステム障害は3キャリアともだった

先日、新しいプランを出したmineoについて紹介し、その中速へのシフトに期待しているのですが、2月11日の夜からしばらくデータ通信および音声通話が使えない(mineo発表では翌日深夜に復旧)というトラブルが起こっていたことがニュースになっていました。

過去には大手キャリア単体のトラブルが大きなニュースになりましたが、今回実際にトラブルに見舞われた人は、mineoのトラブルではなく大手三キャリア自体が使えなくなっているのかと思ってしまうでしょう。これは、MVNOが大手キャリアから回線を借りており、MVNO自体のシステムの不具合ということは今までの経験からあまり例がなかったからという事だったのですが、今回のトラブルはmineoの提供するドコモ・au・ソフトバンクの全ての回線で起こったということなので、これは完全にmineoのシステム上のトラブルである可能性が高まりました。

現在は、キャンペーン期間ということで無料で低速制限の際の最大速度が500kbpsに上がっていて(キャンペーン終了後はオプションプランとして有料化)mineoを利用中のユーザーで、高速通信を使い切った人や、高速クーポンを節約するためにあえて低速での利用をしている人が多く中速で利用しているので、一つの可能性として利用者のデータ通信量が多すぎてパンクしたのでは? という風に考えられなくもありません。

mineoには今回の障害の原因についてきちんと調べた後に、ホームページなどでしっかりとその結果を発表し、同じようなトラブルが起こらないようにしていただきたいと思います。個人的には過去にmineoには加入していたものの現在は未加入なのですが、今後の低速の最大スピードを200kbpsから500kbpsに上げる有料オプションが、特に問題なく使えるようになるかどうかが重大な関心事になります。

もし最大値の500kbpsというスピードが多くの人の利用するお昼休みの時間や、夜の早いうちという時間でも維持されることは無理としても、平均的に出るなら加入して低速中心に使うのもいいなと思うのでこの取り組みが成功して欲しいと思うのですが、今回のようなネットにつながらない事が頻繁に起こるようでは利用候補てして除外せざるを得ません。

先日のJRのクレジットカードでのきっぷ購入ができなくなったトラブルのように、単にシステム上のトラブルのみならいいのですが、やっぱりライフラインに近いサービスはトラブル自体が問題になるので極力起きないで欲しいです。この一件については今後の再発の可能性についても考えつつ、その成りゆきを注目させていただきたいと思っています。


カテゴリー: 通信サービス全般ニュース | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

2 thoughts on “mineoのシステム障害は3キャリアともだった

  1. ケータイオタク

    mineoの500kbpsが350円の追加で提供されると知った時考えたのはUQモバイルの500kbps1,980円との違いです。数か月使用したのですが、PCでネットするには遅くそれにしては1,980円は高いと考えて解約しました。確かにこの価格で質をどこまで維持できるか。遅いどころかつながらないでは役に立たない。時間帯の制約も必要かもしれませんね。

  2. てら 投稿作成者

    ケータイオタクさん コメントありがとうございました。

    私はUQモバイルの利用を継続中ですが、500kbpsの無制限プランから3GBのプランに変えました。500kbpsが安定して出れば、スマホでの動画関連は何とかこなせるものの、おっしゃるようにパソコンで使うには不十分です。いざという時にLTEをパソコンで使う場合には、やはり高速で安定したスピードが出た方がいいので、必要な時にだけ高速切替えとテザリングで使っています。

    あとは、現状ではWi-Fiサービスを使える場所を探した方がパソコンでネットをする場合には有効だと思うので、現在はそこまでmineoのオプションにメリットが有るくらい安定するのかということを見ている最中です。個人的に注目したいのは有料サービスが始まって数ヶ月くらい安定するかというところでしょうか。

コメントを残す