車中泊前提の旅には夜の飲み物の種類にも注意を

車の中で寝る車中泊というのはキャンピングカーを使って行くのか、普通の車でもシートアレンジや道具を使うなどして十分足を伸ばして寝られる環境を作れるのか、それとも単にシートを倒して仮眠を取るだけなのかなど、様々なパターンがあります。

そんな中で、仮眠だけを取ってとにかく距離をかせぎたいと先を急ぐ旅なら別ですが、夜間は十分に睡眠を取るために車の中の就寝環境をベストのものにしているような場合には、夜通し走るというよりも、夜はしっかり睡眠を取って朝までぐっすり寝るために、気を付けておきたいことがあります。

道の駅やSAPAだけでなく、カフェやコンビニでも一休みできるようなスペースが設置されている中、ついうっかり寝る前にカフェインの入ったコーヒーや日本茶・紅茶を飲んでしまっていざ寝ようと思った時になかなか寝付けず、結果あまり寝られないまま翌朝を迎えてしまい次の日の行動に支障をきたす場合があります。個人差はありますが、人によっては夕ごはんと一緒に日本茶を一杯飲んだだけでも、なかなか寝付けなくなる人はいますので、特に緊張の続く車の走行がともなう車中泊の旅では気を付けた方がいい場合もあります。

カフェインの入っていない飲み物というのはミルクやココアがありますが、できればコーヒーやカフェオレを夜になっても飲みたい場合もあるでしょう。カフェインの入っていないインスタントコーヒーはネスレが赤いフタのフリーズドライのコーヒーをかなり前から出していますが、最近ではカフェインレスの需要があるようで、UCCでも同じようなインスタントコーヒーを出しています。

今回試してみたのが味の素が出しているブレンディstickカフェオレのカフェインレスタイプのものです。飲んだ感想はちょっと甘いかなとも思いますが、疲れた時には甘いものを求める事もありますし、カフェオレを飲んでもぐっすり寝られるならば、こうしたものを用意しておき、サービスエリアのお湯を使ってその都度作って飲むか、もし旅先のコンビニにこの商品があれば、日本のコンビニではほぼ用意されているお湯を使わせてもらって飲むのもいいでしょう。ただその場合には自前のカップを用意する必要がありますので、お気に入りのものを揃えた上で持って行くのがいいでしょう。

最後に、全国チェーンのコーヒーショップにおいてカフェインレスのコーヒーがあるところについてまとめてみました。もしかしたら他のチェーン店にもメニューかもしくは裏メニューという形で出してくれるところもあるかも知れませんが、以下のリストにないお店であっても、コーヒー以外にノンカフェインドリンクはあるわけですし、一応ダメ元でカフェインレスのコーヒーがあるか聞いてみるのもいいでしょう。

・スターバックス 『ディカフェ』と注文するとドリップして出してくれる
・タリーズ 『カフェインレスコーヒー』というメニューがある
・ドトール 『カフェインレスアイスコーヒー』の取扱いを一部店舗でスタート
・上島珈琲店 『カフェインレスコーヒー』がメニューに有り

車の旅で利用する場合に、寝る前にカフェインを摂りたくないけどコーヒーが飲みたいという場合にはこうしたお店を利用するのも一つの手です。特に普段の生活の中でも夜に緑茶をうっかり飲んでしまったら、夜寝られなくなった経験がある方は旅先のコーヒー・緑茶・紅茶には注意しましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す