スマホの中古市場とカメラ機能

先日、久しぶりに会った友人がスマホのカメラが調子が悪いというので別にコンパクトデジカメを持参してお散歩などする中での風景を撮っているという話になりましたが、これからコンパクトデジカメを購入しようと思った場合、どんな選択肢があるのだろうかとふと思ってしまいました。

旅行中にはデジカメを首からぶら下げた人を見掛けることはありますが、日常的にデジカメを持ち歩くということは自分の場合はほとんどなくなってしまいました。なぜなら、今あるスマホのカメラの方が常に持っていますし、防水機能が付いているものならちょっとした雨が降っている中でも安心して使えるからです。

というか、このブログで紹介している写真はほとんどスマホのカメラによる単焦点カメラで撮ったものです。遠くからズームを使って大きくしたい場合は最大の解像度で撮影した写真の一部を切り取ることで対応するしかないですが、このブログでアップしている写真のサイズはほぼ例外なく「640×480」というサイズに縮小して表示しているので、トリミングで細かいところまでピントが合っていれば、Web上で紹介するくらいなら問題ないとは思いますが、やはりもう少し簡単にズーミングして対象をはっきりさせた写真をということになると今のスマホのカメラでは物足りないという部分もあります。

しかしながら、スマホカメラによる撮影と直接ネットにアップできる利便性はスマホの方があるので、昔はお手頃な価格でそれなりの画質を楽しめたコンパクトデジカメがそれなりにあったのですが、今では新品では4万から5万くらい出さないとなかなか新品では購入できません。現在のコンパクトデジカメは高級化路線が進んでいまして、5万円どころか10万~20万円以上という価格帯のものが売れ筋になっていて、もはや一般ユーザーと言うよりも本格的なレンズ交換式カメラを持っているマニアのサブカメラとしての用途でのみ生き残っているという感じになってしまっています。

ちなみに、個人的な現状でのコンパクトデジカメのおすすめとしては、何と2012年に発表されたモデルが今でも現行機として売られている大型センサー搭載で画質がいいSONYのDSC-RX100(初代機)と、センサーの大きさこそ小さいですが、これも形を変えて同じ形のまま同じコンセプトのまま売られ続けている防水・防塵機能搭載で画質も良いOLYMPUSのTough TG-5がどちらも2019年現在4万円くらいで購入できるのですが、廉価版コンパクトデジカメの進化はDSC-RX100発売からこの7年間止まっているかのようで、恐らく今後についてもそこまで進歩するとも思えません。

さらなる高性能を同じくらいのコストで求めるなら、コンパクトさにこだわらなければ、評価の定まったレンズ交換式カメラとレンズの中古を手に入れれば、同じ4万~5万円の予算があれば十分に素晴らしい写真を撮れる環境になるのですが、そうなるとさらに気軽に旅に持って行けなくなるということで、スマホでの撮影の頻度が上がるということにもなりかねません。

現在の日本の状況ではコンパクトデジカメがバカ売れするような事は今後も考えにくく、スマホでの写真撮影に限界を感じ、それなりの予算を組んで支出する人でなければカメラ専用機もなかなか買いずらくなっていることをどう捉えるかが問題です。最近のスマホでは3つのレンズが付いていて、その画角の違いを生かすような形で広角から望遠までをカバーするようなスマホも生まれていますが、電池が本体に内蔵されていて数年で新しいスマホに買い換えることが普通になっているスマホのカメラに高性能を求めてその分高額になるというのも何だかなあと感じるところもあります。

ちょっとしたアイデアとして、スマホのレンズに付けるテレコン・ワイコン・マクロレンズを使ってみるということも考えたのですが、小さい部品であるためなくしたり壊れたり、そもそも強引にレンズを付けることで画質の方が(特に高倍率用のレンズではケラレが発生しそう)不安になるため、そんなものを買うならコンパクトデジカメを買った方がいいのではという事にもなりかねず、また話が元に戻ってしまうという(^^;)。

今後への希望としては、先だって紹介したドコモの新プランが端末料金と通信料金の分離を目指して作られたということから、今後のスマホについては電池をユーザーの方で簡単に交換できたり、今以上に同じスマホをバージョンアップ保証して最新のOSを使えるようにして購入してから長く使えたりと、中古として利用できる期間が長くなるような環境を整備する中でカメラの高性能化を行なってくれれば、高性能カメラの付いたスマホ一台がコンパクトデジカメの代替として使えるようになるのではないかと思うのですが。現状の端末代を通信費で回収するようなビジネスモデルから、スマホ本体の価値を高めてリユース市場でも売れるような付加価値を付けるような製品が出てくる方向になっていくのならライトユーザーも助かります。

自動車の場合は新車だけでなく大きな中古市場が存在しています。車の場合は基本的には部品の交換をしていけば耐用年数も長く、ハイブリッド車や電気自動車でもメーカーの品質保証のある中古車が売られています。スマホはさすがに車ほどの耐用年数はないかも知れませんが、紹介したように7年前くらいのレベルのコンパクトデジタルカメラの機能が付いたスマホが安く入手でき、電池の心配がなくそこそこ使える端末が中古で提供されるなら、多少古くて性能が落ちてもSNSに投稿する写真が綺麗に撮れる方を優先して使いたいと思う人はいるはずです。賃金が必ずしも上がっていかない社会の中で、2年から3年ごとにある意味消耗品扱いとも言えるスマホを10万円以上も出して買える人がどれだけいるのか、そんな事も考えながら今後のスマホ市場が変わってくれることを期待したいですね。


カテゴリー: スマートフォン | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

4 thoughts on “スマホの中古市場とカメラ機能

  1. ケータイオタク

    90本のフィルムを持ってヨーロッパを旅行した事を考えると隔世の感です。今ならSDカードを1枚でも済みますね。せいぜい2,3枚用意するくらいです。
    この10年デジカメがどの程度進歩したか。レンズの設計面やソフトと言う点では進歩しても数値的には限界に達していると思います。撮影の目的が記念からネットにアップする事に変化していると言う事の方が大きな影響を与えているのでは。
    このままではコンデジ市場は風前の灯になってしまうと言えると思います。
    一方スマホが今後どういう方向に進むか。バッテリー交換式に戻るかと言えば回転率を上げたいメーカーとしては避けたいでしょう。
    ただ誰もがスマホカメラの高機能化を求めているわけではない。むしろ機能を抑えても値段が安くなった方が良いと言うユーザーもいるのでは。
    最低限のカメラで良いのでは。むしろコンデジからワンタッチでスマホに写真を送れるようなシステムの方が良いのではとも考えられるし。

  2. てら 投稿作成者

    ケータイオタクさん コメントありがとうございます。

    スマホのカメラを使っていて思うのは、単焦点でズームができないのが残念ということです。遠くのものを拡大して撮影することができたらと思う人や、超広角のパノラマ写真を撮りたいと思う方にとっては画角の違う複数のレンズを搭載したスマホが中古市場が活性化したり、量産化による価格がこなれてくるような事になったら、やはり普通の人でもカメラ性能の高いものを買いたいと思う人が増えるのではないでしょうか。電池交換ができるスマホというのは企業からすると新製品の売上にも関わる問題なのでなかなかそんなスマホは出て来ないかとは思いますが、これも中古市場が成熟していくに従って電池をリフレッシュさせてカタログ値に準じるようなバッテリーを載せ替えたものを売るようなお店が出てくればいいなという希望的な気持ちもあります(^^)。

    むしろ大手キャリアはユーザーが新しいスマホに代える際に積極的に下取りを取って、お店での端末購入についても中古製品を用意しての新規ユーザーに提供するような事をしなければ、新品のスマホへの「毎月割」を廃止した意味がなくなってくるのではとも思っています。自動車でもディーラー系中古車と民間の中古車店とが共存しているわけなので、スマホ業界でもそんな風に全国どこでも安心して中古端末が買えるようになって欲しいものだと思っています。

  3. ケータイオタク

    スマホでもズームできる端末もあると思いますが、ただズーミングの動きは良くないですね。それにスマホのカメラについては画角の表示を見たことが無いです。
    ズームにしても光学ズームなのか電子ズームなのか。電子ズームであれば画質の低下は避けられません。もっともスマホのカメラで満足できる層にはそんな事興味が無いのでは。
    カメラメーカーの宣伝には利用出来ますね。スマホのカメラで撮影できるけど画質は悪いですよ。
    日本ではライバル商品の欠点を周知させると言う事はあまりしませんが、デジカメ市場の拡大の為にカメラ業界全体で考えても良いのでは。
    元々コンパクトカメラ自体フィルム時代から市場は縮小傾向にはあったと思います。使い捨てカメラの普及ですね。もともとその層はカメラを面倒だけど使うレベル。
    スマホにしてもいたずらにカメラのレベルアップを図って高くなるよりも28㎜程度の画角に絞ってコストを削減する方向を考えるのもあっても良いのでは。
    コストを下げて買い替えしやすくすると言う考えがあっても良いとは思います。
    専用バッテリーの値段を考えると長く使えるような端末より買い替えしやすい端末を考えた方が良いのでは。
    iPhone信者が多い限り同調化したがる日本人には無理でしょうが。

  4. てら 投稿作成者

    今のスマホカメラのズーム機能は複数の画角の違うレンズの切り替えを「デジタルズーム」で行なう疑似ズームであるので、その点が納得できない人たちがコンデジやレンズ交換式カメラの方に行くのでしょう。しかし、元からコンデジを使ったことがなく、スマホのカメラしか使ったことがない人であれば単焦点の廉価版でも納得するとは思います。ただ、本来企業的にはもっと自社の製品を買いたいと思わせ、普通の人でも「欲しい」と思うような製品をスマホでもデジカメでも、これからの新しい時代には出て来て欲しいものだと思いますが。

コメントを残す