ようやく本家の「白熊」を食べてきました

昨年も同じようなことをした記憶がありますが、今年は台風の動きも気になりますのでこのお盆の時期には遠出はせずに、逆にこちらにやってきてくれる物産店が出店するデパートへ出掛けています。

現在、静岡市で行なわれているのは大阪と九州の物産店が出店しているのですが、ぜひ期間内に行きたいと思っていたものに、鹿児島市の天文館に店舗を構える「むじゃき」さんのかき氷「白熊」です(^^)。

カップに入ったかなり大きな白熊は地元のスーパーでも時おり見ることもあるのですが、今回の出店ではイートインコーナーがあって、作りたての白熊を食べさせてくれるようになっています。過去、私自身は鹿児島市内を訪れたことがあったのですが、行った時期がゴールデンウィークだったことで、そこまで暑くはなく、思い切り氷を食べようという気分ではなかったことがあり、今まではあえてカップに入った「むじゃき」さんの白熊も買って食べないまま今まで来てしまっていました。

今回、会場を訪れたのはデパートが開店してから30分くらい経ってからだったのですが、やはり夏休み期間ということで多くのお客さんが白熊のイートインコーナーにも群がっており、私の前に十数人の行列ができていました。ラーメンなどと違ってきっちり様々なフルーツや豆などが配置された形に盛り付けるためか作るのに時間がかかり、さらに席数も少ないのでなかなか列が進まないまま待ったのですが、自分の番が来るまで40分くらいかかってしまいました(^^;)。しかし、この夏の暑い時期に鹿児島まで行くこと自体が大変ですし、今年は飛行機も飛ばない可能性もあるので、ここで待つくらいならどうということもないと思いジリジリしながら待ち、やっと自分の番になりました。

頼んだのは白熊の(大)836円でした(^^;)。上から見ると白熊の顔に見えないこともありません。練乳が全体にかかった中、様々なフルーツ(メロン、チェリー、パイナップル、みかん、もも)と豆などがトッピングされていて見た目も美しいものです。

全体がわかるようにも撮ってみましたが、肝心の味については、とにかく氷がふわふわしていて、食べていて頭がキーンとなるような事はなく、かなり練乳がかかっているものの、フルーツと一緒にいただくとそこまでしつこくなく、むしろ独特の美味しさというものを感じるようになってきました。

実は、こうした氷をこの夏に食べたのは初めてでしたが、やはり全国のコンビニで買えるカップに入った疑似白熊とは全然違いますので、皆さんも何かの機会がありましたら、私のように現地に行かなくても食べられることがありますので、一度は食べて欲しいと思います。今後は、今回いただいた白熊の味を基本にして他の白熊もどきのアイスをひょうかしようかなと思っています(^^)。


カテゴリー: 地域情報・イベント | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

1 thought on “ようやく本家の「白熊」を食べてきました

コメントを残す