2013年GW前半 北関東への旅(1)ルート設定ととりあえずの目的地

 例年、4月終わりから5月始めにかけてのゴールデンウィークに車で出掛けるというのはある程度の覚悟を持って出ることになります。行楽地が人であふれていることはもちろんですが、目的地に着くまでの渋滞も考えなければなりません。車中泊の旅の場合、渋滞予想時間にその場所を通らないように時間調整が可能ではありますが、場合によっては深夜の方が渋滞がひどくなる場合もありますし、あえてゴールデンウィークには出掛けないという方が多いのもわかります。

 ただ今回は、なかなか連続した休みが取れないという事もあり、連休前半初日の4月27日朝から出掛ける事にしました。私一人でなら前日夜から出掛けてしまうところですが、今回は同行者がいましたので、さすがにそのまで過酷な旅を強要することはできませんでしたので(^^;)。

 それでも、自宅を6時半頃出て同行者をピックアップし、とりあえず入ったのが卵かけご飯が200円で食べられる牛丼チェーン店の「すき屋」でした。朝早く出る場合はあえてこうした割り切りを持って出た方が時間短縮になります。

 さて、今回とりあえず目的地にしたのは栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」です。素晴らしい藤を育成していて、ゴールデンウィークにピークを迎えるという話を聞いていたので、一度は見に行きたいと思っていたのでした。私のいる静岡市から向かうには、全ての行程に高速道路を使わずに行く方が東京都内に入らず、渋滞を避けられるように思えたので、以下のルートを使う事にしました。静岡県富士市より西にお住まいの方は参考にしてみて下さい。

東名静岡(東名高速)清水JCT(新東名)新富士(西富士通路~国道136号線)河口湖(中央高速)八王子JCT(圏央道)鶴ヶ島JCT(関越道)高崎JCT(北関東自動車道)足利

 途中で高速を下りましたが、それでも途中休憩を含み約5時間程度で到着しました。心配していたフラワーパークの混雑も臨時駐車場にスムーズに駐車出来まして、ゆっくりと園内の藤や写真のつつじを楽しむ事ができました。このあしかがフラワーパークは本当におすすめですので、ぜひ一度は訪れてみていただきたいですね。

P4270252

 さて、フラワーパーク園内で今後の日程をどうしようか考えたのですが、以前のエントリーで紹介しましたがその日は日帰りにはせず周辺のビジネスホテルを当日予約することにしました。スマートフォンを使い検討した結果、ゴールデンウィークに関係なく夕食を安くおいしく食べられるだろうという事で、餃子専門店が軒を連ねる宇都宮にホテルを取る事に。当日プランが安価に出ることもあるので注目していた「ホテルニューイタヤ」さんの公式サイト(よくあるホテル案内サイトでは手数料の関係か、若干高くなりますので公式サイトからの予約がおすすめです)から予約し、予約完了のメールを受け取ったところで初めて今回の旅の形が見えてきました。フラワーパークを見ただけでそのまま帰るのか、翌日のための観光拠点がはっきりしたという事では旅の全体像もかなり違ってきてしまうので。とりあえずその日は前回のエントリーで紹介したとなり町にあるスバルに関する和菓子をお土産用にしこたま買い込んでから宇都宮に向かいました。(つづく)


スポンサーリンク

2 thoughts on “2013年GW前半 北関東への旅(1)ルート設定ととりあえずの目的地

  1. acefeel 投稿作成者

    あしかがフラワーパーク いいですねぇ。隣の席の人が 毎年 行くと 言ってました。
    わんこがダメだからなぁ。。。 行ってみたいのですが。
    藤は どうだったかなぁ?
    素敵なとこに 行かれましたね (*^。^*)

  2. てら 投稿作成者

    確かに、あしかがフラワーパークはペット禁止ですね。ただ、藤の養生には土壌の管理がかなりデリケートなので、そうした措置も仕方ないのかなという感じですね。
    訪れた当日は、紫の藤は見ごろでしたが、白い藤はもう少しといった感じでした。恐らく連休の後半には見ごろを迎えると思います(^^)。

コメントを残す