東芝 ニッケル水素電池 充電池IMPULSE

 今まで、充電式の乾電池といえば三洋のエネループかパナソニックのエボルタが主で、東芝の充電は従来と変わらない製品を売り続けていたのですが、先月にいよいよ同じ土俵で勝負するということなのか、エネループ同等の製品ラインアップを出してきました。家電量販店では現在、かなり目立つところに置かれているように思います。

 基本的な単三電池の性能については、他社とほとんど同じだと言っていいでしょう。高容量の2400mAhのものは充電回数500回で、これはエネループプロとほぼ同じ、普通のエネループと同様の1900mAh充電回数1,800回のものもあります。その他、エネループライトと同様の950mAhもあります。通常は1900mAhで十分ですが、充電時間を短くしたい場合や安いものをとりあえずといった場合は950mAh、電池交換の頻度を少なくしたい場合は高容量の2400mAhといった感じになるのでしょうが、それぞれ値段が違いますので十分確認してから購入されるといいでしょう。

 今回、家電量販店のディスプレイを見て気付いたのは、単四や単三電池だけではなくて、単一や単二電池も常に置かれていて、特に最近全く見なくなった感のある6P(角形)まで揃っています。6P電池の専用充電器(型番はTNHC-622SC)まであり、パナソニックからは同じ6P電池が出ていますが、電池の性能としてはエネループ準拠である東芝の方が扱いやすいのではないかと思います。

 実に特殊な用途ではあるかと思いますが、古い電化製品を使い続けるためにこうした充電池がどこでも買えて継続して使えるようになったというのは本当にありがたいことです。特に6P電池専用の充電器が出ているというのはポイントが高く、今後もずっと使っていくためにも充電器を確保しておいた方がいいと思われる方もいるのではないかと思います。また、単一や単二電池も、単三電池をアダプターで使うよりも容量が大きいので、用途によってはそちらを選んだ方がいいかも知れません。ただし、単三エネループタイプのもの以外については充電回数が500回と少ないので、あえて単三電池をアダプターで使った方が経済的な場合もあります。その点は十分考慮の上導入するようにしたいものです。


スポンサーリンク

2 thoughts on “東芝 ニッケル水素電池 充電池IMPULSE

  1. taka 投稿作成者

    はじめまして taka と申します
    車中泊に憧れている41歳の男性です、でも免許が無い。
    現在、頑張って教習中ですが免許が取れたら是非とも
    車中泊をしながらの旅行を楽しみたいと思っています。
    車選びもこれからですが やはり ワゴンR かなー?

  2. てら 投稿作成者

    taka 様 コメントありがとうございます。
    最近の若年層ではむしろ車離れが進んでいるような状態ですが、車で自由にどこへでも行けるメリットというのは十分にあると思います。車を含めていろいななものを揃える時間も楽しいと思いますので、ご自分なりのスタイルを作っていってくださいね。
    車選びですが、寝やすい空間をなるべく広く得たい場合は、ワゴンRよりも4ナンバーのワンボックス(マブリィ・アトレー・バモスなど)がいいです。ただ、ワゴンRの場合は普段使いの車としてのバランスがいいですし、一人だけ車中泊で使う場合にはトータルのコストからするといい線を行っているのではないかと思います。また今後いろいろな新しい車が出てきて、さらにいいものが出てくれば嬉しいですが。

コメントを残す