フィットで車中泊セッティング コットと自転車を持ち込むと

 スポーツタイプの自転車を車中泊の旅に連れていくことが私が車を軽自動車から普通車のフィットに変えた一つの理由だったのですが、荷物一揃えと自転車を車内に収納したまま車中泊ということになると、さすがにフィットでは厳しいのではないかと思われる方も多いでしょう。

0001

 まず、荷物をセッティングした状態の私の車をごらん下さい。基本的にはフタの閉まるコンテナに荷物を入れ、小物類は小ぶりのコンテナや買い物カゴに収納しています。荷物は全てこのスペースに入れているので、後部座席のスペースは何も置かず、自転車はそのスペースに横にして置いて運ぶのが日帰りの旅で自転車も楽しみたい場合の積載パターンになります。

0002

 しかし、このままでは自転車を載せたまま車中泊スペースを作ることができません。自転車を外に出しておくという方法もありますが、それだと自転車が盗難に遭う危険性もあります。そこで荷物を移動するためいったん自転車を外へ出し、後部座席を前に倒して荷室と一体化させるフルフラットにします。荷物は大きいコンテナを除き、運転席側に寄せますが、高さがコットより低いコンテナはちょうどコットの下に入るように配置することができます。そして自転車は後方から運転席の側に縦にして入れると、うまいぐあいに運転席後ろのスペースに収まります。

0003

 そして助手席を後部に倒してできたスペースにコットをセットすると、自転車1台を収納した状態で車中泊用のコットが設置できました。もしコットの下に置いた荷物のごつごくしたところが気になる場合は、コットの上にキャンプ用のマットを敷けばさらに快適になります。

0004

 このままでもいいのですが、車内を汚したり傷にしないために輪行用の袋(写真右の黒い袋)に入れるとかなりすっきりした印象になります。このようにすると中の荷物で自転車をある程度固定でき、さらに寝床の設営に荷物を移動させる必要がなくなるので自転車を積んでの車中泊旅行に出掛ける場合はこうしたセッティングで行きたいと思っています。

0005

 実はこの状態でもう一つ試したことがあります。コットを少し左側にずらすことでサイドブレーキとシフトチェンジノブがコットにひっかからないで動かせるようになるので、この状態のまま車を動かすことができます。一度決めた車中泊場所から移動したい場合や、災害や不審者の侵入で一刻も早くその場から逃げ出したいような場合でも運転できるスペースを空けたままコットをセットし、自転車を収納することができることが今回やってみてわかったのは収穫でした。今回はフィットという車に乗り換えたところから考え始めて、そのスペースに合うように自転車を選んだことが功を奏したように思います。車が違うと紹介したようにはいかないかも知れませんが、まずはお使いの車の収納スペースや居住空間を把握してみて、そこから何を積むかということを考えるのもいいかと思います。


スポンサーリンク

4 thoughts on “フィットで車中泊セッティング コットと自転車を持ち込むと

  1. だから 投稿作成者

    コットと自転車を積載して、ハンドブレーキとシフトノブが干渉しないパッキングができるなんて素晴らしい! 私は以前の1,200ccの車には、ハッチにサイクルキャリアを付けていました。これなら盗難も雨天でも、自転車は安心ですね。

  2. てら 投稿作成者

    だから さん コメントありがとうございました。
    自転車は買ったばかりなので、やはり盗難やいたずらが心配です。最初はおりたたみ自転車を考えていたのですが、前輪外しのみで車内に置けるというのならその方がいいので、今回何とか収まってほっとしました。
    あと、車内で寝ている状態で、いざという時に移動できるかどうかというのは一人で出掛ける場合には案外重要な条件のように私は思います。どうしても運転席を展開して車中泊のためのスペースを作らざるを得ない場合でも、すぐに戻して運転可能になるように荷物の置き場には気を付けたいものです。

  3. こぐまいぬ 投稿作成者

    はじめまして。
    私も来週か再来週にクロスバイクが納車されます。初めてのスポーツバイクで楽しみにしてます。
    のんびり輪行がしたいです。大阪は渡船がいくつかあるので、渡ってみたいです。
    車中泊、気を付けてくださいね。外国人の窃盗団は、人が乗っていても、ガラス割って金品奪っていきますからね。

  4. てら 投稿作成者

    こぐまいぬ さん コメントありがとうございました。クロスバイクの納車楽しみですね。
    自転車を運びながら車中泊を実現するためには、夜は自転車を外に出しておかないといけないかなと思ったのですが、やはり盗難が恐いのでこんなような形に落ち着きました。ただおっしゃるように車内に置くから安全だということもないのですね。
    自転車に限りませんが、車上荒らしされないためには外から見て高価なものを見えるところに置かないということがあります。私の車は窃盗団の目標にされるようないい車ではないですが(^^;)、それでも中に自転車があることを悟られないように輪行袋に入れての持ち運びにはこだわりたいと思っています。
    それと、これから車中泊する場所でわざわざ袋から出して自転車を使い、この車の中に自転車があることをアピールするような行動は控えたいと思います。こぐまいぬさんもクロスバイクを利用してよい旅をなさってくださいね。

コメントを残す