テレビに出てきた「車中泊の旅」

 私の住んでいる地域はテレビ東京系の放送局がないので、土曜のゴールデンタイムに放送されるユニークな旅番組が多く放送される「土曜スペシャル」はリアルタイムに見ることができません。そんな中、およそ一月遅れで「車中泊で行く格安関東近郊旅」という番組をBS JAPANで昨日見ることができました。テレビに出てくる車中泊というと、高速道路のサービスエリアや道の駅の様子を取材したニュース映像というのをよく見ますが、この番組はバラエティで、タレントが関東近郊を一泊二日で車中泊するのに密着するというものになっていました。

 あくまで私の見立てに過ぎませんが、テレビで物事を紹介する場合、あれもこれも詰め込んでしまうと単なる説明になってしまってその道のマニア以外は楽しめなくなってしまう傾向があるように思います(^^;)。この番組をご覧になった実際に車中泊を楽しんでいる方にとってはかなり不満が残る内容になっているのではないかと思いますが、番組内で強調されていたのは同じ車で泊まりの旅をする場合、宿を取るより安く車中泊にすれば行けますよというメリットでした。自由に行動したいとか、ペット同伴では宿の予約が困難など、車中泊をされる方の理由はさまざまですが、漠然と車中泊をやってみたいと思われる方の多くは、宿代にかける分を食事や温泉に回したいと思われているでしょうし、有名観光地を一通り回るとどのくらい費用がかかるのかというところはしっかり抑えていたように思います。

 車中泊をするために番組で用意したものは、就寝時の寝袋の他、空気で膨らますタイプの車内シートの凸凹を解消するためのマットと窓枠に吸盤でくっつける目隠し、そして車内での行動をサポートする乾電池式のランタンと最低限のものを揃えていました。ただ、登場した車はシートをフラットにしても多少の段差は残ってしまい、その上にエアマットを敷いたとしても普段の寝床とはかなり勝手が違うように思いますので慣れない人だとそうそう早い時間から寝付くことは難しいでしょう。ただそれは一泊だけの旅ですから、家にあるマットや布団、クッションなどを持ち込みながら何とか寝られるような態勢を取れればまずは出掛けられるだろうというところもあるでしょう。私が見ていて不安に思った点はその点についての説明がなかったことで、この番組を見て長期旅行を車中泊でと思った方は、少なくとも運転者が翌日に疲れを持ちこさない程度の寝床の工夫が必要になりますのでご注意を。まずは家にあるものを使いつつ番組でタレントさんが行なっていたような近場の一泊二日の旅を試してみて、車中泊のための装備や車選びをするか、車中泊は諦めてホテルや旅館に泊まる旅に戻るかを考えた方がいいかも知れませんね。


スポンサーリンク

2 thoughts on “テレビに出てきた「車中泊の旅」

  1. acefeel 投稿作成者

    車中泊の番組があったんだぁ。いいね。これから 夏本番 熱中症が 心配だね。
    エンジンかけっぱなしって やだけど しかたないかな。

  2. てら 投稿作成者

    これからの季節は、暑さ対策が求められます。人間は黙って我慢しても何とかなるかも知れませんが、元から毛皮を羽織っている犬と一緒の場合はやはり注意してあげたいものです。
    ここのところよく見るのが、ファンを回して体の接地面に風を通す「エアコンマット」と呼ばれるものです。これは電池では動きませんが、サブバッテリーからなら何とか動かせそうです。ただこればっかりは実際に試してみないと何とも言えませんね(^^;)。

コメントを残す