キングジム ポメラ DM100 その4 購入前に揃えたいもの

 本体のみでほとんど完結するポメラではありますが、購入前に揃えておきたいものはやはりあります。購入後にすぐ使いたいと思っている場合にまず必要なのは単三の乾電池です。

 時計機能を保持するボタン電池CR2016は最初から入っていて、使用する時にシートを抜けば作動するようになっていますが、肝心の単三電池は別売りなので注意が必要です。アルカリ乾電池の方が駆動時間は長めですが、トータルコストの削減ということを考えると充電式のニッケル水素電池の利用がおすすめです。長期間保管してもそれほど放電せず、継ぎ足し充電も可能と言うだけでなく、ポメラ自体の設定にもその名がある、eneloopに準じる容量が2000mA前後の製品を使うのが無難です。それと、ボタン電池の予備ということで、CR2016を100円ショップで見かけたら確保しておくことも重ねておすすめします。

Dscf1603

 次に本体以外にデータを記憶できるメモリカードについてです。今回のDM100からマイクロSDカードから通常のSDカードがそのまま使えるようになりました。多くの方は普通のSDカードを使うか、写真のようなマイクロSDカードをアダプタを使ってそのまま使うかのどちらかだと思いますが、私はマイクロSDカードを使うことにしました。おそらく使うことはないとは思うのですが、いざという時にアダプタなどなしに携帯電話やスマートフォンへ直接挿入することでデータのやりとりができる分頼りになるからです。そして、これは気休めに過ぎないかも知れませんが、一応防水機能を持ったカードにしています。最悪の場合でもデータだけは救出できるかなと思ったのですが、果たしてどうなのでしょうか。

 そして、最後にケースについてです。私が純正のものよりもと用意したのが専用でないケースです。とりあえず私はバッグに入れてポメラを持ち運びたいと思っているのですが、バッグの中で動いたり他の物に当たったりして破損するのを防ぎたいので、本体に合いそうなケースを100円ショップで物色していたところ、大型のペットボトルケースにいいのがありました。

Dscf1602

 写真のように、ほぼぴったりといった感じで収納可能なので、バッグの中に入れても安心して持ち運べます。紐を絞って締めるため、ファスナーのように簡単に壊れるリスクも回避できるでしょう。もちろん、純正とは違って簡易的なものに過ぎませんので、これだけで持ち歩く時には注意が必要かも知れません。それでも、この程度のものでも十分役に立つと思いますし、こうした簡易ケースの限界を感じた時に純正に行けばいいのではないかと思います。


スポンサーリンク

1 thought on “キングジム ポメラ DM100 その4 購入前に揃えたいもの

  1. レビューナビ 投稿作成者

    キングジム ポメラ DM100の価格と口コミまとめ

    バックライト・親指シフトに対応した新型デジタルメモKING JIM ポメラ DM100について購入者のレビュー・通販最安値比較・Amazonや楽天の激安店情報をまとめました

コメントを残す